目次
?>
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない!?会社設立のルール10「助成金・補助金」

「補助金」「助成金」

良い響きですね。

簡単に言うと「国がただでプレゼントしてくれるお金」のことです。

みんな欲しいものです。

しかし助成金を貰うにはいくつかの要件があるのです。

その中には「いつまでに申請するのか」という時間的な要件もあります。

他の要件をクリアしているのに知らなかったため期限までに申請しなかった場合は本当にもったいない。

J社長は残念ながらそのケースにはまってしまいました。

J社長はブランド品のリサイクルショップ経営で独立。

独立の動機は実は前向きな独立ではありませんでした。

前職の大手リサイクルショップが不況のあおりで倒産。

40を超えているJ社長は再就職を探しますが、それも難しく、遂に決意した独立です。

しかし前職で長い間店長をしていたJ社長はリサイクルショップ成功の秘訣を熟知しています。

それは店舗の場所と内装と人。

どれだけ人通りが多い場所に出店できるか。

どれだけ明るい雰囲気の店舗内装を作れるか。

J社長は毎日足が棒になるまで歩き続けました。

そしてとうとう人通りが多い駅前の良い空き物件を発見したのです。

内装も勿論手を抜きません。

イメージどおりお洒落なデザイナー風の仕上りです。

結局かかった費用の総額は600万近くになりましたが満足のいく投資です。

店舗の契約もあったため、J社長は早速法人を設立し代表取締役に就任。

新しい人生の船出です。

数ヵ月後、軌道に乗り出したJ社長は従業員も雇いいれて、着実に事業を拡大していきます。

会計事務所が持ってきてくれる決算書を見ると、どうやら黒字でいけているようです。

しかし、手元にお金がない。

ブランド品のリサイクルという商売上、高価なブランド品を現金で買い取らなければいけないのです。

その商品が売れるまでは「お金」は「在庫」という資産に形を変えています。

どんどん買い取らなければ商売はできません。

結果的に利益は出ていても、いつもキャッシュが不足している状態が続きます。

そんなとき、以前の同僚と話す機会がありました。

この同僚も独立してブランド品のリサイクルショップを経営しているので、良い情報交換になると思い楽しみにしていました。

そこでJ社長は驚くべき話を聞くことになるのです。

同僚:「どう?最近は?」

J社長:「売上げもあがってきたからアルバイトを正社員にしたんだけど、社会保険料の負担がきついね

同僚:「わかる、わかる。うちも同じだよ。やっとこの間、助成金が107万降りてきて一息つけたところだよ

J社長:「助成金?そんな良い物があるのか?どうすれば良いんだ?

同僚:「どうすれば良いって、お前、知らなかったのか??正社員にするまえから準備しとかないと手遅れだぜ!

J社長:「え・・・、何も準備なんてしてないぞ。」

同僚:「だとすると、残念だが・・・手遅れだ」

J社長:「・・・・」

同僚の人がもらった助成金は「キャリアアップ助成金 正社員転換コース」というものです。

この助成金は社会保険・労働保険に加入している会社が、有期契約で入社した人(アルバイト・契約社員)を入社半年以降に正社員にすると国から57万円東京都の会社はプラス50万円助成してもらえるものです。

ただし入社時から正社員で雇用している人は助成金の対象外となっていしまいます。

この助成金を知らなかったJ社長は、事前準備なしに正社員にしてしまったため、57万+50万円をもらうことができませんでした。

雇用関係の助成金はたくさんあります。

  • 従業員のキャリアアップの為に教育訓練を行なった際にもらえるもの
  • 職業経験がない人をトライアルで3ヶ月雇用するともらえるもの
  • 60歳以上の人をハローワークを通じて採用した際にもらえるもの
  • 女性が活躍しやすい職場環境を整備するともらえるもの

いろいろな種類の助成金があり、その各助成金には細かい要件が付いています。

もらえたはずの助成金を取り逃さないよう、設立前に専門家に一度相談しておくと良いでしょう。

【ルール10】
助成金・補助金は申し込むタイミングが重要。

~用語解説 「助成金」「補助金」~

助成金とは簡単に言うと国が支援してくれるお金のことで、返す必要がないもののことです。

経済産業省が実施するものと厚生労働省が実施するものがあります。

一般的には経済産業省が実施するものを「補助金」、厚生労働省が実施するものを「助成金」と呼んでいます。

特定の新技術の開発などを行えば経済産業省が実施し、雇用を創出した場合などは厚生労働省が実施します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

設立代行手数料0円のベンチャーサポートに
『失敗しない!?起業・会社設立について』
相談する
無料相談 0120-881-101受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ページの先頭へ戻る